膝の痛み

膝の痛み
膝の痛みには日常生活動作で膝を痛めた場合と、スポーツ中のケガ、自然に痛くなるケースに
分かれます。膝関節の簡単な説明をしてから、それぞれ分けて説明していこうと思います。

膝関節にはももの骨(大腿骨)とすねの骨( 骨)を結ぶ大切な筋(靱帯)が4本と、
クッションの役割をしている半月板という軟骨があります。

内側側副靱帯・・・膝の内側のももとすねの骨を結ぶ筋で捻れと内側の横の動きを制限する筋

外側側副靱帯・・・膝の外側のももとすねの骨を結ぶ筋で捻れと外側の横の動きを制限する筋

前十字靱帯・・・・膝関節の中でももとすねの骨を結ぶ筋で捻れと膝関節が前に動かないように
            制限している筋

後十字靱帯・・・・膝関節の中でももとすねの骨を結ぶ筋で捻れと膝関節が後に動かないように
            制限している筋

内側半月板・・・・膝関節の中でももとすねの骨の間にあるCの形をしたクッションの
            役割をしている軟骨です。

外側半月板・・・・膝関節の中でももとすねの骨の間にある○の形をしたクッションの
            役割をしている軟骨です。

*膝のお皿(膝蓋骨)は直接的に膝関節に関係しておらず、膝関節を曲げる伸ばす時には
ももの筋肉(大腿四頭筋)がお皿(膝蓋骨)を引き上げて曲げ伸ばしを行っています。

 

1)日常生活で痛める症例
日常生活で痛める場合は一般的に転倒、ぶつける、捻るなどの原因があります。
転倒、ぶつける場合は打撲、捻る場合は上記に挙げた筋(靱帯)の損傷が考えられます。
このような場合は痛み、腫れ、内出血する事が多く早期の処置が必要ですので、氷や
アイスノンなどで冷やして早めに来院下さい。
(骨折や脱臼のおそれもありますので動かさずに冷やして下さい。)

2)スポーツ中のケガ
スポーツ中では上記に挙げた全てのケガが当てはまります。人間が歩くためには膝関節が
重要です。症状によっては関節内で出血して腫れがひどく動けなくなる事も多くあります。
症状によっては手術が必要になることもありますので、早期にご来院下さい。

3)自然と痛くなる症例
ケガをした訳でもなく、膝が痛くなります。このような症状は特徴がありますので、
分けて説明しますが自身にあてはまる症状があると思います。

・ほとんどの方が膝の内側が痛みます。
・クツ、サンダルの底の外側がすり減ってくる。
・歩くとき、立ち上がる時、階段の昇降、正座をすると痛い、出来ない。
などが典型的な症状です。

このような症状の方は0脚の方が多く膝関節内側部に負担がかかります。
(日本人のほとんどは0脚で以前は正座の習慣があった為、膝の内側に負担がかかり、
半月板という軟骨がすり減ってきて痛みが内側に出てきます。)

整形外科でレントゲンを撮ると、加齢だから、変形しています、体重を落としなさい、
と言われ変形性膝関節症という診断名になり、クスリ、注射になります。

上記のような症状は治るのには時間がかかりますが、あきらめずに来院してご相談下さい。

このページの先頭へ