ギックリ腰

ギックリ腰(急性腰痛)

重い物を持った時に起こるイメージがありますが、実はそうでもないのです。
重い物を持つときは腰に気を付けて意識している方がほとんどなのです。

反対に軽い物を持つとき(カバンや落ちた物を拾うなど)は意識していない人が
ほとんどで、日常生活で普段やっている事でギックリ腰になってしまう方がほとんどです。

原因を挙げますと
・朝、起きあがった時
・座っていて、立ち上がった時
・靴を履くのに前屈みになって起こした時
・くしゃみ、咳き込んだ時
・顔を洗うため前屈みになった時

と、あげれば沢山ありますが
経験がある方はうなずけると思いますが・・・

外国では「魔女の一撃」と言われている腰痛なんですが、
このギックリ腰を当院では大きく3種類に分類しています。

症状の重い物から説明しますと

1,椎間関節損傷タイプ
背骨と背骨の間の関節を痛めてしまう物でギクッとなったら動けなくなってしまい
ひどい方は救急車で運ばれるケースもあります。

病院での治療は注射とシップ、後は寝ているだけです。
急性の痛みが引いてからは、けん引療法なども行います。

当院では急性期は炎症が強いためアイシング(冷やす)し、
理学療法、骨盤矯正、マッサージを行っていきます。


2,仙腸関節損傷タイプ
仙腸関節(せんちょうかんせつ)とは、骨盤の骨である仙骨(せんこつ)と
腸骨(ちょうこつ)の間にある関節であり、周囲の靭帯(じんたい)により
強固に連結されています。
(仙骨・・・背骨の下の骨、腸骨・・・おしりの両方のほっぺの骨です。)

 

中腰での作業や急な動作変換、あるいは繰り返しの負荷で関節に少しずつ
負担が生じ、痛みが発生します。仙腸関節損傷は決して稀ではありません。
一般的に、出産後の腰痛に仙腸関節障害が多いといわれますが、
老若男女を問わず腰痛の原因となります。

仙腸関節を痛めた時の症状は仙腸関節周辺の痛みとおしり、足にも痛みが
出たりします。このような症状は仙腸関節の捻れを取り除かないと
慢性腰痛の原因になります。

当院では急性期の炎症を抑えるためにアイシング(冷やす)し理学療法、
仙腸関節の捻れを取り除くための骨盤矯正、マッサージを行います。

 

3,筋・筋膜性損傷タイプ
分かりやすく簡単に言うと腰を支えている筋肉の損傷です。
筋・筋膜性腰痛症は、長時間同じ姿勢でいるデスクワークや長時間の車の
運転など日常の筋肉疲労が原因とされ、レントゲン検査をしても脊椎の
異常がないことが多いです。

当院では炎症があるため、アイシング(冷やす)をして理学療法、
筋肉のバランスをとるため、矯正、マッサージを行って行きます。

 

以上のように3つのタイプに分かれるのですが、ギックリ腰は急性の炎症が
強い症状ですので、必ずアイシング(冷やす)を行って下さい。
(アイスノンや保冷剤、無ければビニール袋に氷をいれて患部を冷やして下さい)

このページの先頭へ