慢性腰痛

慢性腰痛

以前から、いつも、痛い・重い・だるいなど・張っている・こっている
など腰に感じるあらゆる症状を指します。

原因をあげますと、筋肉の問題・生活環境・仕事(デスクワーク・
長時間の運転など)・姿勢・骨格・まれに内臓疾患などがあげられます。

慢性腰痛は腰を支えている筋肉が大きく関係していて、大腰筋・腸腰筋・
大殿筋・脊柱起立筋などの緊張があります。
(難しい筋肉の名前を出しましたが要するに腰を支えている筋肉です)

 

慢性腰痛は基本的に温めて下さい。筋肉の緊張をとるのに、お風呂などで
温めてあげて血液の循環を良くして下さい。
(慢性でも痛みが強い時は冷やして整骨院にご相談下さい。)

慢性腰痛は骨盤の歪み(仙腸関節の捻れ)が原因となっていることが多く、
当院では骨盤矯正を行い、理学療法、マッサージを行って早期回復を
目指します。

このページの先頭へ